橫浜秀武館敬心道場

道場

ホーム > ご挨拶

ご挨拶

もっと多くの方々に剣道の素晴らしさを伝えたいと横浜に剣道場を設立いたしました。古い伝統を守りつつ、今の時代や社会環境に合った合理的な理論を通して解かりやすく、親しみやすく指導しています。
当道場の特徴としては、日本剣道形をはじめ、基本を最も大切にしています。基本稽古が単に基本に終わることなく相手と対時した時、実践に活用できるような方法で行っています。しかけ技や応じ技を木刀で行い、その繰り返しの中から理に適った無理無駄のない正しい体捌き、足捌き、刀法を体得できるよう指導しています。

星野館長

現在の風潮は、剣道の試合において、どんな勝ち方でも勝てばいい・・・という結果至上主義の傾向にありますが、試合に勝つことが剣道の目的、成果ではなく、試合は日頃の稽古を「試し合う」場であり、日々の稽古に励んでいること、 継続して努力している「過程」が大事なことであると思います。無理、無駄のない理に適った技法、さらに強い精神であれば、結果的に勝利につながることでしょう。
ご承知の通り剣道は、武道としての文化と術技を有しています。日本の歴史の中で培われた精神性と伝統の中で研磨された技や所作を習得していく途上において、自分の心と身体を知ることができ、さらに、日々の稽古が心と身体を健康にし、体力と気力を高め充実した日々をもたらします。
当道場には様々な方が稽古に来られています。初めての剣道に興味いっぱいの方、仕事帰りに寸暇を惜しんで稽古に励む方、いつか剣道をしたいという想いを叶えた方、自身の剣道を真摯に究めようとされる方・・・ “多逢勝因”“縁尋機妙”という言葉があります。良い人との幾多の出会いがあれば縁が縁を呼び、よい展開・結果になっていくということですが、人との出会い、人と人とのつながりを大切に考え、道場を通して御縁を頂いた方々と共に、日本の伝承文化である剣道をさらに広め、深め、後世に良き伝統を残してまいりたいと思っています。
みなとみらいから大岡川に面してランドマークを臨み、落ち着いた環境の中で友人達と剣道を語り合い、研鑽し、お互いに高め合うことで、より豊かで良い人生を築いていきたいと願っています。

館長 星野敬子 錬士 七段

■最近の活動

剣道少年団顧問表彰状

平成29年3月1日
全日本剣道道場連盟より表彰いただきました

剣道少年団指導顧問として本団の趣旨にのっとり、育成と実践活動の推進を図っているとして、表彰をいただきました。日頃支えていただいている皆様への感謝とともに剣道の普及、発展のために精進してまいります。

お通杯盾

お通杯 賞状

平成27年 第14回【お通杯】宮本武蔵顕彰女子剣道大会
平成26年 第13回【お通杯】宮本武蔵顕彰女子剣道大会

2年連続 個人戦(60歳以上の部)優勝

●NEWS

2016.12.25更新
【門下生へお知らせ】2017年3月から木曜の初心者稽古は中止し休館とさせていただきます。
--------------------------

2015.12.1更新
2015年12月23日(水)~2016年1月11日(月)は休館とさせていただきます。年明けは1月12日(火)から通常稽古いたします。
--------------------------

2015.12.1更新
2015年道場合宿、大会出場の写真をアップしました→イベント
--------------------------

2015.12.1更新
ホームページを移転リニューアルしました!
--------------------------

●その他

門下生の言葉
当道場で初心者から剣道を始めた門下生の声

道場のあゆみ
平成18年2月開館から現在の道場の歴史

↑ PAGE TOP