橫浜秀武館敬心道場

道場

ホーム > 稽古方針

稽古方針

秀武館 剣道理念

ひとつ

日本刀の持つ完成された姿、形を充分に認識し、それを使いこなすための理論に裏づけられた技を習得し、竹刀剣道に活かしていくこと。

ひとつ

竹刀を通した打ち合いと「気」のやりとりの中で、人と人との関わりを学び、互いの人格を尊重していくこと。

ひとつ

たゆまぬ稽古の積み重ねの中にこそ、努力の真価を見出し、豊かな人生の創造と 社会への貢献をめざすこと。

稽古方針

  • 各人の進度、技量、体力に合わせて指導します。
  • 各人の質問にきめ細かく個別に対応し、正確で効果的なわかりやすい指導をします。

当道場の特徴として、日本剣道形をはじめ、基本を最も大切にします。
実際には、基本練習が単に基本で終わることなく相手と対峙した時に、実戦に活用できるような方法で行なっています。しかけ技や応じ技を木刀で行なうことにより、繰り返しの稽古の中から理に適った無理・無駄のない正しい体捌き、足捌き、刀法を体得できるよう指導しています。日本の伝統文化である剣道を理論を通してわかりやすく、親しみやすく指導します。

稽古風景

↓平日の通常稽古↓

平日稽古

平日稽古

平日稽古

平日稽古

↓日曜の稽古風景↓

●NEWS

2017.12.25更新
【門下生へお知らせ】2017年3月から木曜の初心者稽古は中止し休館とさせていただきます。
--------------------------

2015.12.1更新
2015年12月23日(水)~2016年1月11日(月)は休館とさせていただきます。年明けは1月12日(火)から通常稽古いたします。
--------------------------

2015.12.1更新
2015年道場合宿、大会出場の写真をアップしました→イベント
--------------------------

2015.12.1更新
ホームページを移転リニューアルしました!
--------------------------

●その他

門下生の言葉
当道場で初心者から剣道を始めた門下生の声

道場のあゆみ
平成18年2月開館から現在の道場の歴史

↑ PAGE TOP