橫浜秀武館敬心道場

面

ホーム > Q&A

Q&A

qation

今まで全く剣道の経験はありませんが、初心者の大人も教えていただけますか? また、どのくらいの期間練習すれば、防具をつけて対戦できるようになりますか?

answer

当道場では、その様な方が沢山いらっしゃいます。 剣道の目標は、体力・健康の維持向上、精神の鍛錬、昇段や試合への参加など、人それぞれの目標があって良いと思います。 何歳から始めても、成果は必ず上がります。現在、70代男性、60代女性の初心者の方から7歳の男の子まで楽しく稽古されています。当道場では、経験に関わらず毎回、基本稽古を繰り返し行っていますので、比較的に、早く防具を着けていただけます。何ヶ月経ったら着けると言うことではなく、防具を着けて安全に稽古できるだけの基本が身に着いたと判断できたらすぐに着けていただきます。

↑ PAGE TOP

qation

小中学生のような激しい運動はできません。大人と子供では、指導方法に違いはありますか?

answer

当道場では、激しい稽古方法を執ってはいません。年齢や性別の違いがあっても一緒に稽古できるのが理想です。また、掛かり稽古も鍛錬主義になりすぎることや、形が崩れることから、実施しておりません。 その代りに、「掛かる気持ち」を養うための稽古方法を行っています。 小中学生と成人では体力的に違いはあるのは当然のことです。 しかし、基本を行うのに大人も子供もありません。 当道場での稽古は大人も子供も同じメニューをしていただいております。 それは、同じ動作をするにも「ねらい」が違うからです。

↑ PAGE TOP

qation

50歳を過ぎて初めて剣道をやってみたいと思いますが、可能でしょうか?また、何歳くらいまで続けられるでしょうか?

answer

最初の質問でもお答えしていますが、始める年齢も、その動機も心配はありません。 剣道は格闘技でありますが、「生涯剣道」として80歳でも90歳でも現役で稽古ができるのが特徴です。剣道の敵は相手ではなく、常に自分自身にあり唯々稽古に邁進することで、自己の向上を図ることが永遠の目標とされます。

↑ PAGE TOP

qation

中学・高校まで剣道部でした。20年以上ブランクがありますが、昇段を目標に再開したいのですが、指導していただけますか?また、中高時代の剣道とは違いはあるのでしょうか?

answer

30年のブランクがあった方も稽古されています。復帰1年で、昨年、昇段もされました。お話を聞いて参考にされるとよいと思います。 中学・高校まで剣道部に所属していらっしゃったそうですが、当時はやはり、試合のための稽古が中心で「剣道=試合=競技=体力」であったことでしょう。技術の習得を通じ、剣道に何を求め、最終的に剣道で何が得られたか。目には見えませんが、きっと得難いものが授かれるものと信じています。 当道場では、木刀や模擬刀を用いて、刀法をより意識した稽古方法を執っています。基本に則って無駄のない、正しい稽古を身につければ、昇段にも試合にも必ず成果がすぐにでも顕れる筈です。

↑ PAGE TOP

qation

初心者からのスタートで、稽古は週に1回か2回程度の参加となりますが、段位を目指すことはできますか?

answer

やはり、稽古の回数は、多い方がいいのですが、週一回の稽古のみで稽古の度に上達され、昇段もされている方が実際に稽古されています。 日本剣道形も充分に稽古します。心配はいらないでしょう。 少ない稽古の中で、いかに集中することや、稽古ができない時にいかに、研究していくこともこれもまた稽古なのですね。

↑ PAGE TOP

qation

木刀による稽古の目的は何ですか?

answer

剣道は、日本刀を意識して行わなければなりません。当道場では秀武館独自の木刀による稽古を行っています。刀で切るためには、正しい動作をもって「刃筋」を活かさなければ切れません。 包丁で豆腐を切るにも、包丁を斜めに下方向に下げれば切れるものも潰してしまうことでしょうし、硬いカボチャを斜めに包丁を入れればえぐってしまうのが精一杯でしょう。まして、包丁の横で叩いても切れないのは当然ですよね。力は入れずとも刃筋を通し、正しい動作をすれば、切れるということです。そのために必要な、礼法、体捌き、足捌き、刀(木刀や竹刀)の持ち方などを修得するために木刀を刀に見立て稽古しています。

↑ PAGE TOP

qation

日本剣道形を重視した稽古をしていますが、実際の竹刀を用いた剣道との関連性を教えてください。

answer

日本剣道形は、剣道を実施するに当たり、必ず修得しなければならないものです。決して、昇段試験のためだけではなく、剣道形から礼法、刃筋、間合、気、体捌き、足捌き、手の内など、すべての「理合」を学び取り、竹刀剣道に活かすためです。 関連性のごく一部ですが、剣道形は必ず足から始動しますし、さらに足にならって気剣体を一致させて打突します。ただ単に「かたち」だけ覚えた剣道形では剣道との関連性は見出せないでしょう。

↑ PAGE TOP

qation

いわゆる「当てっこ剣道」は刀理(利)、刀法からみてどこに問題がありますか?

answer

「有効打突は、充実した気勢、適法な姿勢をもって、竹刀の打突部で打突部位を刃筋正しく打突し、残心あるものとする。」と試合規則にも書いてあります。これが伴っていなければ一本ではないということです。 稽古の段階で何が正しいかを、求めていかなければなりません。 実際の試合では、これに多少合致しなくても、旗が揚がることもあるでしょう。しかし、これは試合上、旗が揚がったにすぎず、勝ったとはいえないのです。 審判も、試合相手も、見ている者にも納得できる、美しい一本の技を目指すべきで、 試合で審判の旗を挙げさせるための、要領で勝つ技術は、慎むべきです。 正しい剣道を修得することが本当に強くなるということなのです。また、「美しい」とは剣道に限らず、理に則ったものであるからこそです。

↑ PAGE TOP

qation

掛かり稽古は体力的にきついのですが、やはり不可欠な効果があるのでしょうか?

answer

掛かり稽古は、鍛錬主義になりがちですし形を崩しては何にもなりません。掛かり稽古が中心の稽古ではありませんが、掛かり稽古で修得すべき「掛かる気持ち」は必要です。その方の練度により実施しますが、体力勝負ではなく、「理」を求めて門下生ともども研究しています。

↑ PAGE TOP

qation

地稽古を効果的に行うための方法・心がけを教えてください。

answer

地稽古とは、そもそも稽古する双方の技量に応じて「切り返し」、「掛かり稽古」、「互格稽古」、「引き立て稽古」などを行うものです。ご質問は、恐らく「互格稽古」を指していることと思いますので、それについて述べます。必要なことは、常に掛かる気持ちで行い、後手の気持ちを捨てることです。技に固執するのもよくありません。竹刀を通じ、相手を知り、極々自然に打ち間に体を送って行くことです。また、稽古していない時も含め、自分に足りないもの、必要なことは何であるかを知り、課題とし勇気をもって実践することです。

↑ PAGE TOP

qation

胴を「刃筋正しく打つ」ためのポイントを教えてください。

answer

心なしに胴打ちをすると、往々にして竹刀が水平に軌道してしまいます。切り返しの時の左右面のように、上から下に目掛けて竹刀を振ることが肝心です。相手の右胴を打ち、相手の左へ切って出る場合、自分は右前へ積極的に進むわけですが、結果的に水平のように見えるから、その現象を真似てしまうんですね。また、初めから、水平で打つ意識ですと、バックスイングのようになり、自分自身が空開きになってしまいます。常に突きを攻め、面を打つが如く、動作を起こしていく「身構え」と「気構え」が必要です。

↑ PAGE TOP

qation

「正しく・素早い」小手を打つためのポイントを教えてください。

answer

面はこう打つ、小手はこう打つ、胴はこう打つと区別していては、実践では使えなくなってしまいますが、小手打ちを敢えて言うならば、小手は一番近くにある打突部位ですから、面と同じだけの距離を踏み込んで行ったら竹刀の物打ちでは打てません。(知ってか、知らずかそれを調整するために肘を曲げたり、左拳を臍の方へ引き込んだり、竹刀を立てて、調整する方が見受けられます。)どこを打つにも、肘はしっかりと伸ばし、間合をしっかりと取り、「必要最小限」の踏み込みをします。 さて、小手打ちですが裏に回してから初めて勢いよく打ち降ろし、その反動が災いして横から(平打ち)となりがちです。刃筋が通っているとしても、相手からは打ち落としやすい状況となってしまいます。 足は遠くまで飛びこまなくていい分、鋭く、強く踏み込みます。手首は起こさず、足に任せて、手元を前に送るつもりで行くと自然に相手の竹刀の上から裏に入って行くことができます。もちろん積極的に左足を引き付けます。この一連の動きを決して2動作にならず、構えの段階から1動作で行えばよいのです。 稽古では、筒を狙わず相手の竹刀の上から鍔のわずかに裏側、鍔元を狙うように指導しています。

↑ PAGE TOP

●NEWS

2017.12.25更新
【門下生へお知らせ】2017年3月から木曜の初心者稽古は中止し休館とさせていただきます。
--------------------------

2015.12.1更新
2015年12月23日(水)~2016年1月11日(月)は休館とさせていただきます。年明けは1月12日(火)から通常稽古いたします。
--------------------------

2015.12.1更新
2015年道場合宿、大会出場の写真をアップしました→イベント
--------------------------

2015.12.1更新
ホームページを移転リニューアルしました!
--------------------------

●その他

門下生の言葉
当道場で初心者から剣道を始めた門下生の声

道場のあゆみ
平成18年2月開館から現在の道場の歴史

↑ PAGE TOP